出口はどっち?客先常駐SE話

この状況から抜け出したい!客先常駐の現実とメリット

忙しさと将来性と実績作り

大半の企業は自社勤務が普通ですが、IT関係では中小企業を中心に客先常駐システムエンジニアというような働き方が大半になっています。これは、客先に常駐するという派遣と同じ働き方になります。もちろん、派遣ではなくて正社員と同じ扱いですが、働き方は派遣と同じという特殊な形になります。なぜ、このような働き方をするのかというと、企業側にメリットがとても大きくあるからです。簡単にいえば利益率が自社勤務より非常に高くなり、自社製品をゼロから開発するより経営が安定します。このような客先常駐の働き方ですが、忙しさは派遣先の会社による所が大きいです。この辺りは自社勤務でも変わりませんが、「会議が多すぎて自分の仕事をする時間が削られる」や「他に出来る人がいないため一人でかなりの範囲をやることになった」などの理由があります。

また、派遣というのは社員の負担を減らすために雇っているという理由もあるので、派遣先によってはあれこれやらなければならず忙しくなります。それから年齢の問題で将来性がないというものがあり、一定の年齢で派遣先がなくなってしまうので、それまでに転職や独立など脱出しなければなりません。そのため、それまでに将来を考えて勉強していくという姿勢が必要です。大変な仕事ですが、複数の現場に関われるために実力も付けることが出来て実績も作ることができます。
このように、将来的に転職や独立を考えた場合に客先常駐の仕事で実績作りすることで即戦力として有利になるため、将来のビジョンをしっかり見据えて現場経験を積んでいくといいでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です