出口はどっち?客先常駐SE話

この状況から抜け出したい!客先常駐の現実とメリット

幅広い現場経験が積めるメリット

客先常駐システムエンジニアという働き方のやりがいは、多数の現場に関わる事ができるため実力を付けることが出来るということです。この働き方は将来を考えると、ある程度で独立するか転職するかなど脱出を考える必要があります。なぜかというと、派遣のような働き方なのですが、30代から受け入れ先が激減し35歳辺りから難しくなるからです。もし、受け入れ先がまったくない場合はクビになってしまうケースが多くあります。なので、それまでに実力を付けてキャリアアップして行くということが必要です。

このように、厳しい所があるのですが多数の現場に関わることができるため、システムエンジニアとして実力を付ける事ができるというメリットがあります。特に客先常駐型の会社は内定が取りやすいという形になっています。もちろん、派遣ではなくて正社員なので経済的に安定します。そのため、若いうちから多数の現場に関わりキャリアアップを目指すという事もできます。また、普通よりも責任の範囲を広く任されるため、責任感を持ってしっかりとやらなければならないとやりがいも強くなります。大変な仕事ですが派遣と同じ形で多数の現場に関わることや、通常よりも責任の範囲を広く任されるなどやりがいも強くなります。

なにより、若いうちから実力を付ける事ができるという楽しさがあります。さらに、客先常駐を経験した方は転職の際にとても有利になるというメリットがあります。これは企業は即戦力を求めており、経験がある方は即戦力だからです。このようなメリットもあるので客先常駐システムエンジニアはいずれは脱出する必要がありますが、考え方次第ではメリットもある働き方だと言えるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です